ソ・イングク映画『パイプライン』出演決定 7月末クランクイン!!

ユ・ハ監督の4年ぶりの新作「パイプライン」がキャスティングを確定して本格的に撮影に突入する。

映画「パイプライン」は、大韓民国数十メートル地下トンネルに隠された黒いダイヤモンド“油”を盗んで人生逆転を夢見る盗油犯が命を賭けて広げる犯罪娯楽映画。

ソ・イングクは大韓民国唯一無二な穿孔機技術者ピンドリ役を演じる。劇中でソ・イングクは見栄っ張りで華麗な外見と違い、油が隠された地下トンネルでワイルドな姿でまた違う魅力を見せる予定だ。

イ・スヒョクは招集解除後、初めての復帰作で「パイプライン」を選択して数百億規模の盗油を計画する傍若無人な財閥2世ゴヌ役で演技変身を試みるとなる。

ソ・イングクとイ・スヒョクはそれぞれ「おもしろくて素晴らしい映画になることができるように最善を尽くす」、「熱心に、一生懸命頑張ります」と、クランクインを前に覚悟を見せた。

映画「パイプライン」は、2020年公開予定。

<写真:GOMピクチャー>